子ども第三の居場所について

「子ども第三の居場所」とは、日本財団が2016年より開始した子どもたちを対象とした事業で、 自己肯定感、人や社会と関わる力、生活習慣、学習習慣など、将来の自立に向けて必要とされる「生きる力」を育むことのできる環境「子ども第三の居場所」を全国に拡げています。 詳しくは、日本財団のサイトからどうぞ。

えがお咲く丘が考える「子ども第三の居場所」は、子どもたちの育ちを応援すると共に、 子育て世帯へのサポートも行います。そして、地域でのイベント活動も行っていきます。 最終的に地域全体で子どもを育てようという意欲が増進できるように取り組んでいきます。

「えがおの架け橋」はどんな場所?

子どもたちが、気軽に遊びに来られ、自由に遊べる場所です。

子どもだけでなく、子育て中の保護者や地域の方々も気軽に遊びに来られるようにカフェも併設しています。 そして、地域の人々が、積極的に交流ができるよう定期的にイベントを開催していきます。

施設の概要

施設名子ども第三の居場所 えがおの架け橋
運営特定非営利活動法人えがお咲く丘
住所名古屋市中村区並木2丁目358
開所日子どもたちの遊び場(月水金) 親子カフェ(月~土)
開所時間9:00から18:00まで
対象子どもから大人まで
電話052-750-1802(えがおの架け橋準備室)